大宮カウンセリングルーム ピュア

大宮カウンセリングルーム ピュア

ゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法とは、ドイツの精神分析医のフレデリック・パールズ(1893~1970)によって、提唱されました。

相談者の自己のあり方や、欲求を形にして、表現することで、全体としてのまとまりのある方向へ自己を導き、人格を統合することを目的としています。

ゲシュタルトとは、ドイツ語で「形態・全体・統合」という意味です。相談者は、これまで気付いていなかった自己の全体性や、欲求のあり方への気付きを、「今、ここ」という再体験の場を通して、促進され「~すべき、~であるべき」というとらわれ方から、脱することを目指します。

ゲシュタルト療法では、意識上に現れてくるものを「図」それ以外のものを「地」と呼びます。「図」に現れた欲求を満たすと、それは「図」として意識されなくなり、新たな欲求が「図」に上がってきます。(図地反転)

私たちが、環境への適応や、生命維持のために行う恒常性機能をホメオスターシスといいます。パールズは、生理学的な機能であるホメオスターシスの概念を、心理的なものにまで当てはめて考えました。図地反転がうまく行われず、あるひとつのものがずっと地にあり続けると、健康的なホメオスターシスがうまく働かなくなったり、不健康なホメオスターシスが働いてしまったりします。

具体的な技法としてチェアワークがあります。相談者の座るホットチェアと、空のエンプティチェアを用意して、相談者に問題になっている場面を想起してもらい、現時点でのイメージとして再体験してもらいます。

次にエンプティチェアに移ってもらい、前に座っていた椅子に自分がいることをイメージして、相手の立場になりきって話をしてもらいます。それを交互に繰り返して、今までに気付かなかった自分の態度や感情や葛藤、相手の態度や感情や葛藤を全体として捉えて、問題解決を図ります。

<< 参考・引用文献 >>
心理学テキスト オクムラ書店
心理カウンセラー養成講座 敬愛ビジネス学院

 

※クライアントの事情又はカウンセラーの事情により、カウンセリングを途中で中断、中止することもありますので、ご了承ください。
※カウンセリングは治療・医療行為ではありません。

>> 再決断療法 >> 交流分析 >> 行動療法 >> 認知療法 >> ゲシュタルト療法 >> 来談者中心療法

 

大宮カウンセリングルーム ピュア 
予約・お問い合せ 電話 048-654-1717

  • 大宮カウンセリングルーム ピュア_ブログ