大宮カウンセリングルーム ピュア

大宮カウンセリングルーム ピュア

来談者中心療法

来談者中心療法とは、アメリカの臨床心理学者カール・ロジャーズ(1902~1987)によって、提唱された心理療法です。

ロジャーズは、問題の解決の方法を、最もよく知っているのは相談者自身であり、相談者は、自らの力で、自らの問題を解決することができると考えました。

カウンセラーは、直接的な助言をすることなく、相談者の語る思いを、感心を持って聴き(傾聴)そのまま受け取ります(受容)

相談者は、自分の経験がカウンセラーにそのまま理解され、受け入れられていると感じることによって、本来、相談者が持っているにも関わらず、感じられないでいる本人の経験を、より生き生きと感じられるようになります。相談者は、その気付きに基づいて、自分で判断し、変えたいことであれば、変えることができるようになるのです。

ロジャーズは、カウンセリングの目標は「個人の成長を援助すること」としています。

また「こうでなくてはならない自分」や、「こうあるべき自分」ではなく、ありのままの自分になることができるときに、自己実現の傾向が充分に発揮できるとも述べています。

これは、自分という存在には、弱いところや、不完全なところがたくさんあることも、本当に受け入れることのできる状態のことです。このとき初めて、成長に向けての力が現れ、その人自身の変化が可能になるのです。

またこのように、自分がありのままの状態になったとき、対人関係でも無理をしない、偽りのない姿で人と接することができるようになって、生き生きとした人間関係が持てるようになります。

 

《参考・引用文献》
カウンセリング論 中野博子 著 人間総合科学大学
人間関係論 島田涼子 著 人間総合科学大学

 

※クライアントの事情又はカウンセラーの事情により、カウンセリングを途中で中断、中止することもありますので、ご了承ください。
※カウンセリングは治療・医療行為ではありません。

>> 再決断療法 >> 交流分析 >> 行動療法 >> 認知療法 >> ゲシュタルト療法 >> 来談者中心療法

 

大宮カウンセリングルーム ピュア 
予約・お問い合せ 電話 048-654-1717

  • 大宮カウンセリングルーム ピュア_ブログ